埼玉県の浮気調査・素行調査

元警視庁25年アビリティオフィスさいたま支部 トップ画像

埼玉県の探偵・興信所−浮気調査や素行調査をお考えならアビリティオフィスさいたま支部 浮気調査課

トップページ > 浮気調査事例 > 事例5
メニュー トップページ 浮気の証拠とは チェックシート 浮気調査前の注意点 料金表 調査の流れ 浮気調査事例 その他の調査 お問い合わせ メディア活動 会社案内・ご挨拶 利用規約・免責事項 個人情報の取扱いについて 特定商取引法に基づく表記
所在地
【所在地】
〒331-0822
埼玉県さいたま市北区奈良町
100-5 3F
【TEL】
0120-727-505
048-663-1771
【FAX】
048-663-1678
【営業時間】
24時間受付

調査可能エリア
埼玉県さいたま市を中心に県内全域。関東各都県をはじめアビリティオフィスネットワークにより日本全国調査可能です。

  浮気調査事例


jirei.jpg(10679 byte)
プライバシー保護のため一部内容を変えてあります。

不倫相手に愛人がもう一人
依頼者:女性(20代) 独身 公務員
同じ職場の男性(50代) 既婚 公務員

 「現在私は独身で同じ職場の結婚している男性とお付き合いしています。 その男性は奥さんも居て子供もいて現在単身赴任中です。 最近その男性の態度が少し冷たいのですが、私の他にもお付き合いしている女性が居るのではないか 気になっています。もし他に女性が居るのであればその男性は既婚ですし年も離れているので 諦めがつくと思う。今のままではどうしたら良いかわからないので、真実を知りたいです。」

■調査期間
 月〜金曜日の仕事が終わってから帰宅までを調査。
  (20時間パック+6時間延長)

■調査結果
 対象者は公務員であるためか退社する時刻は毎日ほぼ同じ時刻。単身赴任と言う事もあり 毎日まっすぐ家に帰ること無かった。最初の4日間は特に特定の女性と二人で会う様子も無く 同僚の男性と飲みに行ったり、男女のグループで飲みに言ったり、パチンコをして家に 22時〜23時頃帰宅することが多かった。
 そんな感じで4日間が過ぎ5日目。5日目もまたいつもの様に会社の同僚と思われる 同年代の女性と飲みに行く姿が見られた。女性と二人ではあるが、二人は特にベタつく様子 も無かったため飲んだ後は過去4日間と同じように自宅に帰宅すると思っていたが、 この日の対象者は違っていた。家には帰らずにその女性とラブホテルへ入った。
 二人はそのまま朝まで出てくることは無く翌朝9時ごろホテルから出てきた。 ホテルから出てきた二人にもベタつく姿は見られなかった。その後二人は ファミリーレストランで朝食を済ませた後、近くの駅で別れた。その後の調査で女性の身元まで判明した。
 その結果を依頼者に報告し、写真を見せると「えっ嘘でしょ!」と一言。 ホテルに行った女性は同じ職場で働く女性であった。「職場では全くそんな様子はありません。 ちょっとショックです・・・・・でもこれで気持ちの整理がつきました。ありがとうございます。」 と言っていた姿はすがすがしささえ感じられた。

■担当者より
 今回ホテルに行った女性の様子から判断して対象者とはかなり前からこのような関係があったと思われます。  おそらく依頼者よりも長い関係ではないかと思われます。不倫する男性は不倫相手にさえも一途ではないと言ういい例です。



浮気調査のお問合せ

お問合せ

電話番号0120-727-505

メール問い合わせ

元警視庁 木藪愼市

(社)日本調査業協会に加盟しています。

警視庁

日本弁護士連合会

クレジットカードが使用出来ます。